FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.16
Sat
次の日、キャサリンは午前中に調査することがあって税務署と興信所を訪れていた。
そちらで目的の資料を手に入れると、W&Mへ戻る。
オフィスに戻ると、ジョンの部屋に来るようにと指示があった。ジョンの部屋に行った。

「ああ、ピピコム社から電話があってね。シンガポールへCEOが出張するらしい。今回その際に、言っ
 ていた不動産物件を何件か現地で確認するようだ。それに君も同行して欲しいとの事だ」
ジョンは部屋に入って来たキャサリンを見ずに、書類に目を通しながら言った。

「シンガポールへですか?」
キャサリンは立ったまま、唐突な話に片眉を吊り上げた。
「うん」
「シンガポールって地球の反対側ですよね」

キャサリンにとって、東南アジアは未知の地域だ。
急激な経済発展と人口増加で世界的に重要な地域であることは知っている。
特にシンガポールは早くから開放的な経済政策を取り入れており、現在はその税制や制度によって東南アジアにおける、欧米諸国はもちろん、シンガポール以外の国の法人、資産家にとって拠点とするのにふさわしい国だった。
また観光にも力を入れており、その街並みは美しく街路にごみが落ちていない事で知られている。

「直行便で18時間と30分かかるらしい」
ジョンはキャサリンに目を向ける。

「片道18時間! それじゃあ長期滞在になってしまいます。私には引継ぎもありますし、スケジュール
 的に無理があるかと」
「そうなんだが、今回、担当弁護士も招待いただいたが、なにしろ機内泊も含めて5泊6日に渡る出張で
 ね、本来なら僕かトビ―も一緒に行きたいところだが、うちでは弁護士は誰も、それだけスケジュール
 を開けることができない。だから、君だけでも行ってきて欲しいんだ」
「一人で、ですか? それは私には荷が重すぎます。それに、先ほど申し上げたように私も引継ぎや業務
 の片付けがあります。誰か、他の者にご指示して下さい」
キャサリンは重ねて断った。

「キャシー、荷が重い事は無いだろう、君の能力なら大丈夫だ。今回は物件に対する深い交渉は無いとの
 事だし、向こうからの要望を、スケジュール調整ができないので行けません、なんて断るわけにはいか
 ないよ。それに、ピピコム社が君を担当補佐に指名したばかりの今は、君以外にこの業務をできる人物
 は、いないよ」
ジョンにはキャサリンが、すぐには了承しない事が分かっていたようだった。

「しかし・・・」
キャサリンは尚も食い下がった。
彼女は昨日和解したとはいえ、マックスと5泊6日も一緒に行動するのは無理だと思っていた。
彼は女性をもてなすのが上手く、彼と居るのは楽しいが、時折キャサリンはあの夜の事を思い出してしまい体が熱くなる。昨日の夜の短い時間でもそうだったのに、5泊6日四六時中なんて、とんでもない自制心が必要になるのは必至だ。
昨日の帰り際のマックスの仕草にさえ、キスをされるのかと勘違いしてしまったというのに。

「キャシー、行ってくれるね」
ジョンは、これは決定なのだと言わんばかりに、彼女を眼鏡越しにじろりと見た。
キャサリンは何も、言えなかった。

ジョンの言いたい事はよく分かっている。
今、W&Mはピピコム社の意向を無視できないし、彼女がW&Mの社員で会社に所属している限りは、会社の利益のために行動しなければならない。
キャサリンがそんな事を気にしない性格であれば、それでも断っただろうが、彼女は会社や仕事のためを考えて行動する性格だった。だからこそ、彼女は総務部チーフに就任しているのだ。
そしてジョンは、そんなキャサリンの性格を見抜いていた。

「・・・分かりました。ですが、私の他の業務やその後の事については、サポートをお願いできますね」
キャサリンはジョンに念を押した。

「もちろん。君は本当に良くやってくれる。約束通り我々は、サポートを惜しまないよ」
ジョンはニコリと微笑んだ。

「それで、いつからでしょうか?」
彼女は出発予定を聞いた。

ジョンはうっかりしていたというように、彼女の質問に答える。
「ああ、今日の夜23時の便でシンガポールへ向かうとの事だ」
「・・・今日、ですか」
彼女は驚いた。
それならジョンやトビ―のスケジュール調整ができなかった理由もうなずける。
しかし今日から5泊6日となると、来週の月曜日までかかってしまう。
彼女は週末には、父の様子を見にウィルクスバリへ帰ろうと思っていた。

「それは、急ですね」
キャサリンはさっき了承したことを、後悔していた。

「全く、世界的企業の経営者の考える事は分からんよ。キャシー、今日は早退して準備をするといいい。
 パスポートは持っているね?」
「はい、あります。・・・では、お言葉に甘えて早退させていただきます」




>>次へ  >>目次へ


↓ネット小説ランキング↓   ↓アルファポリス↓
         
◆上記ランキングサイトにてランキング登録中。面白いと思ったら上のバナーをぽちっとな!よろしく!

関連記事

trackback 0
トラックバックURL
http://nicika.blog.fc2.com/tb.php/36-5caf11c1
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。