FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.07
Tue
「だめ、くすぐったいわ」
腹部に何か所も優しくキスをされて、キャサリンはくすくす笑いながら腰を捩(よじ)った。
マックスはそんな彼女を困らせる様に、更に腹部に軽いキスを続ける。
「だめ、きゃ、だめ・・・」
キャサリンは堪らず、ベッドにどさりと身を預けた。

マックスはそんな彼女をニヤニヤとしながら見つめると、キャサリンの腕を取って彼女を起こし、今度はいたずらをせずにセーターを脱がす。次はインナー。
2つとも万歳をする格好で、彼に脱がされた。

「ずいぶんとセクシーな下着なんだね」
マックスが上半身下着だけになったキャサリンに言った。
今日キャサリンは、こうなると予想して以前日の目を見なかった、あの繊細なレースを施された高級な下着を身に着けて来ていた。

「あなたが買った物よ」
「あの、シンガポールの時の? もしかして下も揃ってる?」
「・・・ええ」
「それは、楽しみだな・・・」

言うと、マックスは彼女のスカートに手を掛ける。
スカートのホックの位置が分からなくて、手間取るマックスにキャサリンは微笑むと、結局彼を手伝った。
ホックの位置に彼の手を導いて、一緒に外す。
腰を浮かして、スカート降ろす彼を助ける。

「この姿は、恥ずかしいわ」
キャサリンは、下着の上にストッキングだけになってしまった自分を恥じらった。
何と言うか、この格好はみっともない様に思う。
この姿なら、下着だけになった方がましだ。

「どうして? 充分きれいだよ。でも嫌なら脱がしてあげるよ」
マックスは彼女の前に跪いたまま、ストッキングに手を掛け、器用に脱がしていく。
丁寧に足に手を這わせながらするするとストッキングを脱がされ、キャサリンはぞくぞくとした。
彼はキャサリンの足を持ってストッキングを靴と共に脱がしてしまうと、彼女のふくらはぎに優しくキスをする。

「本当に、いやらしい下着だ・・・」
マックスは目を細くして呟くと、顔を彼女の太ももに移動させ、内腿にキスをした。
あんっとキャサリンは声を上げる。

キスは徐々に内腿を上に上がり、薄い下着で隠されている場所までやって来ると、下着の上からそこにも口付けをされた。
「だめ・・・」
キャサリンの言葉が聞こえていないはずは無いが、マックスはそこに熱い吐息を掛けながら尚もキスを重ねる。軽く啄ばむようなキスを浴びせられて、キャサリンは焦れた。

「こんなの・・・フェアじゃない」
キャサリンは腰を捩りながらマックスに言った。

「フェアじゃない?」
マックスが熱い吐息を掛けながら、聞いてくる。

「・・・だって、あなたは服を着ているわ・・・んっ」
ちゅっとそこに今までより熱いぬめりを感じて、声が乱れた。

「そうかな・・・?」
マックスはそこをなぞる様に舌で舐めながら聞いてくる。

もうキャサリンは答える事が出来なくなっていた。
もっと彼に触れて欲しい、激しく、そんな下着の上からでは無く直接に、と身体が疼く。
んっ、と彼の舌の動きに合わせて身体を捩らせていると、下着をきつく引っ張られ脇からマックスの指が直に触れて来た。指は入り口を弄(まさぐ)り、するりと中に入る。

マックスに中の潤いを確かめる様に、弄(もてあそ)ばれる。
キャサリンは自分がどんどんと濡れて来るのを感じた。水音が響き始めている。

指が抜かれ、マックスにベッドに押し倒された。

口をすっぽりと覆われ、唇を強く舐められ、ぐいぐいと舌を差し込まれる。
キャサリンは急なキスと息のできない苦しさに、んンぅ・・・と呻きながら彼に応えた。
彼の身体の重さを心地よく感じながら、入って来た彼の舌に舌を絡め、舌と同時に注がれた彼の唾液を吸う。
腹部に彼の高まりが当たるのを、彼のズボンを隔てて感じる。

「キャシー、我慢できない。君の中に入りたい・・・」
唇を離したマックスは、熱くぎらつく青い瞳でキャサリンに聞いた。
ぐいと、高まりが下腹部に押し付けられる。

キャサリンに否は無かった。
潤んだ瞳でマックスを見つめ返し小さく頷くと、彼はもどかしそうにズボンを脱ぎ、キャサリンの胸に下着の上から噛みついた。

あっ、と声が漏れ、身体が跳ねる。
薄い下着の上から頂を捏ねられ、吸われた。
圧し掛かるマックスの身体の重さが心地いい。
そうしながら下腹部を覆っているとは言えない方の下着は脱がされる。
そのまま下肢の間に割入ったマックスが、唐突に入って来た。

「ああっん」
急な衝撃に大きな声が口を付く。




>>次へ  >>目次へ


↓ネット小説ランキング↓   ↓アルファポリス↓
         
◆上記ランキングサイトにてランキング登録中。面白いと思ったら上のバナーをぽちっとな!よろしく!
 両サイト共、1日1回のぽちが有効です。



関連記事

trackback 0
トラックバックURL
http://nicika.blog.fc2.com/tb.php/123-7c2df8e0
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。