FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.04
Wed
まいど!nicikaです


お待たせ致しました。『冷静な秘書の仮面の下』完結です。

終わっちゃいました~。
終わりのご挨拶は、本編後書に書かせて頂きましたので、ここではぐだぐだっと余談を語ります。
まずは、更新遅くなってしまったことを、皆様に謝らせてください。
次話で終わりまーす、と言ってから、最終話まで、長いこと長いこと・・・。
ほんっとに失礼いたしました。
m(>Д<)mスイマセン!
全く更新もせず、ログインもせず、音沙汰無しの当ブログに、それでも毎日120人を超える方が来て下さって、ありがと~~!!。゚(゚´Д`゚)゚。です。
ごめんねっ! 語ると長いし、めっちゃプライベートなので語らんが、事情があったと察してね!

『冷静な~』アルバート君、なんとか男を見せれたでしょうか。
最終章・告白にて、やっとこ男らしくなれたんでないかい? 残念君も。とホッと胸をなでおろしております。
しかし、アル、昔はやんちゃ君だったのね。がんばって生きてきたのね。と、読者の皆さんに彼を理解して貰えると良いのですが。

そして、連載が終わっちゃったし、次作の予告を行うところなのですが、次作、ぜーんぜん書いてなーい。こんだけ更新あけてたから、書く時間あっただろ!(`д´)ノっとそこのあなた、ツッコミ入れましたか?
そうなのよー、書く時間あったと言えばあったわよー、でも書けて無いのよー。正確には、ハーレ風ロマンス恋愛小説が書けて無いのよー。
どうすんだいっ!!(゚д゚ノ)ノ
何というか、色々と欲求が、もふもふっと湧いてきて、作品と呼べない段階のものを書き散らかして、今に至る、のです。
はっきし言って、頭の中が 
  (・θ・)
こんな感じです。

作品を一つ書こうとすると、その作品の背景や登場人物の心情、場面を頭の中に描きます。当然、設定なんぞもありまして、一つの作品、というか文章を書いていくのに、私の場合その物語に入り込む必要があるのですが、2・3作同時進行をすると、頭の中がぐっちゃぐちゃになってくる。乗ってるときは、がーっと書けちゃうんですが、他作との切り替えが大変。そして、上記の状態になってしまう、というわけです。

このブログに上げる次回作については、少しお時間を頂くかもしれません。というか、いただきます、多分。
すいません、ごめんなさい。
ああ、謝ってばっかだ。(-_-|||)ガックシ
だって、次回作楽しみにしてくれている人もいると思うと、その期待に応えられないのが申し訳なくて・・・。

そういう事情で次回更新まで間をあけるかと思いますが、皆様、またのご訪問よろしくお願いします。
では、再見




スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
08.24
Sat
どうも、nicikaです。


『冷静な~』告白-4、です。

アルバート君の告白、でございました。
アルにも人に言いえない過去があったのでした。
アルは、自分の中の劣等感と戦いながら、秘書の仮面をかぶって生きてきた、という事ですね。
他人とある程度の距離を取って生きて、装いながら生活する面には器用な男の、不器用な内面、ってな感じですかね。
ああ、お父さんいい人で良かったね、と私はアルに言いたい。
細かく言うといい人かどうかは分からないけどね。
自分が大人になってみると、自分の両親が、大きな力を持った絶大な人間では無くて、どこにでもいる普通の人間なんだな・・・と感じた事って、皆さんもありませんでしょうか。

ああー、しかし、人間というのは不思議だ。
と再認識したのは、私の妹の事ですが、なんだか彼女、熱中症(?)をきっかけに自律神経の変調をきたしているようで、かぁるい不安症と気分の悪さを断続的に、突然に起こすようになってしまった。
なんだかややこしい事だ。
私といる時はほぼ快調なんだよねー。
ところが、じゃあ独りで大丈夫だねって、ほっとくと、しんどいよー、ってSOSが来る。
困ったもんだ。

私から見ると、ストレス感じるような生活して無いのになぁ。
本人も、何がストレスなのか、分からない。
困ったもんだ。
全く、人間の体のバランスって何で狂うか分からないね。

おかげで私は、毎日、妹の家におさんどんに行っております。
そして、甥っ子を保育園に送り迎えして、たまにザリガニ取りに行くのですよ!
ええ、網でカエル取ったり、魚取ったり、してるんですよ!
子供の頃に経験した夏を今更に満喫! してますよ! にゃはは!
それはそれで楽しいが、ああ、如何せん、小説が進まない!
更新が進まない!
皆さんお待たせして申し訳ない。


『冷静な~』は次回で最終回の予定です。
ここまで来てしまいました・・・。
応援いたいただいた方、ありがとうございます。
が、きちんとした皆様へのお礼は、次回、更新時にまた述べたいと思います。
ではでは。



comment 0 trackback 0
08.08
Thu
ども、nicikaでございます


何か久々に自分のブログを覗くような気がします。
お待たせしました、『冷静な~』最終章・告白、UPです。
さあ! この章にて、色々と謎解きが出来れば、と思います。

この告白の章、読者の皆さんに、ちょっと先に言い訳をしておきたい箇所があります。
アルとエヴァ、ビルの植栽に腰掛けて会話をしているのですが、この時期のNY、バリ寒です。はっきし言って、最低気温が-7℃とか行きます。
二人が会話しているのは19時過ぎなので、そこまで冷え込む事は無いでしょうが、植栽の縁に腰かけて会話って・・・どうなの? と思われる方もおられるでしょう。しかもアルバートはコートも着てないし。相当寒いはず!
この点、大分悩んだんですが、店の中等の暖かい場所では無く、寒い外で展開される方がアルバートの心情に合っているので、このシチュエーションになりました。

カフェの中設定で書いてみたりもしたんですが、どうもしっくり来なくて・・・、何度も修正を掛けて元に戻す、というのを繰り返しました。2月のNYはホームレスの凍死が毎年起きるぐらい寒いらしいですが、その点、ご了承ください。


さてさて。

前回『とある子爵令嬢』の拍コメお返事に書かせて頂いた、番外編、現在作成中でっす!!
みるきぃ21さん、ありがとう。リク頂いて、うぉーっと悩んで、ヤル気でた。
そして書いてみたら、とても1話で終わらず、章になる予定。
(↑やっぱりコンパクトにまとめれなかった) もちっと纏まったら、UPしますので、皆さん宜しく! です。

それと、小説家になろうの方で、2013夏のホラー特集に『白 鷺《はくろ》』という作品UPしました。
9,000字ぐらいの短編です。古典風、怪談風、おとぎ話風な、物の怪の物語ですかね。
 (猟師がある日、谷間を流れる沢に仕掛けた罠を見に行くと、一羽の白鷺がかかっていた。・・・)
と、こんな感じで物語が始まります。
どっかの時代のどっかの国のとある猟師さんが、超珍しい綺麗な白鷺捕まえた、さあどうでしょう?ってな話です。折角だからタイトル部にリンク貼っちゃいます。一読頂けたら幸いです。


ではっ、いつも拍手・応援、ありがとうございます!





comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。